TOP > 胃内視鏡検査(胃カメラ)

胃内視鏡検査(胃カメラ)

こんな症状ありませんか?

こんな症状ありませんか?
  • 食事がつかえる
  • 胃痛
  • 胃もたれ、胸やけ、不快感

「胃炎」、「胃潰瘍」、「胃ポリープ」、「胃がん」、「食道がん」、「逆流性食道炎」による症状かもしれません。
胃がん、胃潰瘍の既往歴がある方も注意が必要です。

軽い症状であっても、気になる点がある場合には一度東住吉区の田辺駅前クリニックにご相談ください。

経鼻内視鏡検査とは

苦しくない経鼻内視鏡
苦しくない経鼻内視鏡

苦しい、嘔吐反射が出る、といったイメージのある「胃カメラ」を、口(経口)ではなく鼻から通す内視鏡です。

嘔吐反射の主な原因である、舌の付け根と内視鏡の接触がありませんので、従来の経口内視鏡と比べると格段に楽に検査を受けられます。

食道から胃、十二指腸までを実際の映像で観察することができます。胃炎、胃潰瘍、胃ポリープ、胃がんの早期発見に非常に有効です。

 ※鼻腔が狭い方などは、経口内視鏡で検査を行うこともあります。
 ※当院で経鼻内視鏡検査を受けた多くの方より、非常に楽だったと好評を得ております。

経鼻内視鏡の特徴

経口内視鏡と比較すると、以下のような特徴があります。

  • 苦しくない
  • 嘔吐反射が起こりにくい
  • 検査中も話すことができるので、その場で医師に不明点を伝えることができる

「内視鏡検査」と「バリウム検査」との違い

バリウム検査とは、胃に流し込んだバリウムが内側の壁を伝い広がった状態でX線を当てて撮影を行い、そのでこぼこ具合に異変がないかを見る検査です。

胃の内側はもともと多少のでこぼこがあるのが普通であり、その中から小さな異変を見つけるのは困難です。
また、色の変化(炎症による赤みなど)を発見することはできません。

カメラによって色のついた鮮明な映像を見る内視鏡検査とは、精度が違います。
バリウム検査で異常が見つからなかった方でも、症状が続くようでしたら、内視鏡検査を受けられることをお勧めします。

当院の胃内視鏡検査

誰でも気軽に受けられる胃内視鏡検査
誰でも気軽に受けられる胃内視鏡検査

当院院長の南條は、これまでに胃内視鏡検査を6,000例以上手掛けてまいりました。
内視鏡検査を専門とし、25年になります。

熟練の技術と丁寧な診察にくわえ、最新の内視鏡システムと極細スコープを駆使して、「誰でも気軽に受けられる胃内視鏡検査」を提供します。

最新の内視鏡システム「EVIS LUCERA ELITE(イーヴィス・ルセラ・エリート)」
最新の内視鏡システム「EVIS LUCERA ELITE(イーヴィス・ルセラ・エリート)」

当院では、オリンパス製の内視鏡システム「EVIS LUCERA ELITE(イーヴィス・ルセラ・エリート)」を採用しております。
胃内視鏡検査、大腸内視鏡検査で用います。

非常に高価なため、大阪府内で取り扱うクリニックは数件しかありませんが(2014年7月現在)、より正確な診断のため、早期発見・早期治療のためにこの度導入するに至りました。

  • 高画質、広い視野で、より小さな病変を察知できます。
  • 操作性、挿入性にも優れ、痛みの軽減、正確さ、安全性を確保しながら迅速に検査を行うことができます。
  • 先端部外径5.4ミリのスコープであっても従来と同程度に鮮明な画像で観察できます。
  • NBI(特殊光観察:狭帯域光観察)によって、これまでは不鮮明だった病変を映しだすことができます。早期がんの発見において大きな役割を果たします。
極細スコープ「GIF-XP290N」

当院の経鼻内視鏡検査では、先端部外径5.4ミリの極細スコープ「GIF-XP290N」(オリンパス製)を使用しております。

検査時の苦痛を最大限和らげます。

興研製内視鏡洗浄機「鏡内侍」による内視鏡の徹底洗浄・徹底消毒
興研製内視鏡洗浄機「鏡内侍」による内視鏡の徹底洗浄・徹底消毒

当院では、徹底した感染予防の一環として、内視鏡学会推薦の高機能洗浄機「鏡内侍」で使用後の内視鏡を洗浄・消毒します。

自動ブラッシング、強アルカリ電解水による洗浄、強酸性電解水による消毒をしっかりと行い、患者さまの安心をお約束いたします。

検査の所要時間の目安
  • 前処置(主に血管収縮剤のスプレー、麻酔薬の注入など)…約5~10分
  • 内視鏡の挿入から検査終了まで…約5分

※痛みを少なく、そして何より見落としのないよう、必要な時間をかけてしっかりと検査を行います。
そのため、目安時間を超えることがありますがご了承ください。

胃がんと深い関係を持つ「ピロリ菌」の経鼻内視鏡検査
胃がんと深い関係を持つ「ピロリ菌」の経鼻内視鏡検査

当院では、胃がんや胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの原因となるとされている「ヘリコバクターピロリ菌」の有無をを、胃カメラ施行時に検査(迅速ウレアーゼテスト)しております。(血液検査や尿素呼気試験によるヘリコバクターピロリ菌検査も実施しています。)

症状
  • 胃や胸の不快感、痛み
  • 食欲がない
  • 吐き気、吐血、嘔吐
  • 口臭が気になる
  • すっぱいゲップが出る

以上のような症状がある方は、ピロリ菌の感染、その他の胃の病気の可能性があります。
早期に検査を受けられることをお勧めします。

※胃潰瘍、十二指腸潰瘍、慢性胃炎と診断された方には、ピロリ菌検査に保険が適用されます。

検査前、検査後の注意点

基本的な注意点です。
その他医師の指示がある場合は、それに従ってください。
また、普段服用しているお薬については、必ず事前に医師にお申し出ください
検査前日
  • 21時までには夕食を済ませ、その後は水分以外の摂取はお控えください。
検査日の検査開始まで
  • 検査までは絶食してください。
  • 検査予約時間の2時間前まで、少量の水分摂取は構いません。
検査後
  • 検査終了後、1時間ほどで喉の麻酔が切れます。少量の水分を摂取し、むせないようでしたら軽食を摂っても構いません。
  • 組織検査を受けられた方は、検査後当日の刺激物、脂っこい食事、飲酒はお控えください。
医療法人玄竜会田辺駅前クリニック 内視鏡専門外来 06-6622-0700 〒546-0044 大阪府大阪市東住吉区北田辺6丁目16番30号